パーボイルドライスの調理方法

パーボイルドライスの調理は簡単で、基本的には普通のライスを作るのと同じです。 水2と塩1つまみを沸騰させ、米1を加え、鍋を覆い、火を弱める。 一部の品種は45分間煮る必要がありますが、アメリカンスタイルの変換米は事前に調理されており、20〜25分しかかかりません。 [1] 電子レンジで調理したり、 炊飯器 。 パーボイルドライスは明確なタイプの米ですが、この用語は部分的に白または玄米を炊くことを指す場合もあります。 ごはんを自分で茹でるには、アルデンテまたはカリカリに煮込んでから、スープ、ピラフ、またはリゾットで炊き上げます。

炊飯器で炊いたご飯

炊飯器で炊いたご飯
ご飯を30分間浸して、調理時間を短縮し、風味を高めます。 ご希望の場合は、ご飯の上に十分な温水をかけて、1から2インチ(2.5から5.1 cm)を覆うようにします。 米を20〜30分浸し、細かいふるいに注ぎ水を切ります。 [2]
  • 浸漬はオプションですが、調理時間を約20%短縮できます。 調理時間が短いほど風味豊かなご飯になります。
炊飯器で炊いたご飯
沸騰させるために2部の水と1つまみの塩を持ってくる。 米1に対して水2の比率を使用します。 たとえば、米1カップ(240 mL)を炊く場合は、水2カップ(470 mL)を使用します。 中くらいのポットに水を注ぎ、塩ひとつまみを加え、中強火で沸騰させます。 [3]
  • 4人前にしたい場合は、米1カップ(240mL)と水2カップ(470mL)を使います。 これらの測定値を半分に分けて2サービングにするか、2を掛けて8サービングにします。 お米2に対して水2の割合で固執するだけです。
炊飯器で炊いたご飯
パーボイルドライスを1部加える。 お湯が沸騰したら鍋にご飯を入れます。 ご飯が均一になるように、すばやくかき混ぜます。 [4]
  • 米を浸した場合は、沸騰したお湯に加える前に、細かいふるいを通して水気を切ってください。 しぶきを避けるために、沸騰したお湯にゆっくりと浸した米を追加します。 多少水分を吸収しているので、漬けていないご飯より少し重くなります。
炊飯器で炊いたご飯
アメリカンスタイルに変換されたご飯を覆い、15〜25分間煮ます。 ごはんをかき混ぜ、弱火にして鍋をかぶせます。 漬け込みご飯をお持ちの場合は、20〜25分程度で炊き上がります。 ご飯をつけたら15〜20分炊きます。 [5]
  • アメリカンスタイルの改造米は調理済みなので、調理時間が短くなります。
炊飯器で炊いたご飯
南インド風のパーボイルドライスを最大45分間調理します。 ご飯をかき混ぜ、弱火にして鍋を覆う。 アメリカンスタイルの改造米は調理済みですが、他のパーボイルド品種は実際には通常の白米よりも長く調理する必要があります。 [6] これらの品種は約45分間調理する必要があります。 [7]
  • ご飯をつけたら35分くらいでチェック。
  • お持ちの製品がわからない場合は、調理方法を確認してください。
炊飯器で炊いたご飯
火を消し、フォークでご飯をふる。 ご飯ができたら火を止めて5分ほどおく。 蓋を外し、ご飯をフォークでやさしく混ぜ、すぐに出してください。 [8]

電子レンジでパーボイルドライスを調理する

電子レンジでパーボイルドライスを調理する
電子レンジ対応のコンテナで水、パーボイルドライス、塩を混ぜ合わせます。 米1に対して水2の比率を使用し、塩ひとつまみを追加します。 電子レンジ対応の容器で材料を一緒にかき混ぜます。 炊飯中はご飯に蓋をする必要があるので、蓋付きの容器を使います。 [9]
  • ご飯は炊くと膨らむので、半分ほど入れてください。
  • ご飯1カップ(240 mL)と水2カップ(470 mL)を使用して4人前にします。 4サービング以上または以下が必要な場合は、水2対米1の比率に固執します。
  • 事前に浸す必要はありませんが、ご希望であれば、お米を温水に15分間浸して調理時間を短縮することもできます。
電子レンジでパーボイルドライスを調理する
カバーを外した容器を5分間電子レンジで加熱します。 最初の5分間は、電子レンジの全出力設定でご飯を炊きます。 5分たっても沸騰しない場合は、さらに2〜5分間、高レンジで電子レンジをかけます。 [10]
  • 炊飯プロセスの後半で米にカバーをかけますが、今のところはカバーしないでおきます。
電子レンジでパーボイルドライスを調理する
ご飯に蓋をして中火で15分炊きます。 水が沸騰したら、容器に蓋をして、電子レンジを中程度の電力に設定します。 15分間調理してから、完成したかどうかを確認します。 [11]
  • アメリカンスタイルの変換米は約15分後に行われるべきです。 南インド風のパーボイルドライスをお持ちの場合は、5分から10分以上調理する必要があります。
電子レンジでパーボイルドライスを調理する
必要に応じて、さらに5分間電子レンジで加熱します。 15分後、米が水をすべて吸収したかどうかを確認し、そのテクスチャーを確認します。 それが行われていない場合は、さらに5分間、培地で電子レンジにかけます。 [12]
  • ご飯が出来上がるまで、5分間隔で炊いて確認します。
  • 米は柔らかくても容器に水が残っている場合は、余分な水を排水します。
電子レンジでパーボイルドライスを調理する
ご飯をばらばらにして出してください。 ご飯が炊きあがったら、フォークでふいてください。 電子レンジ対応の容器から出すか、盛り合わせに移します。 [13]

炊飯器を使う

炊飯器を使う
炊飯器のマニュアルを確認してください。 ほとんどの炊飯器では、基本的な手順は一般的です。 ただし、製品によって多少の違いがあるため、推奨される水と米の比率、調理時間、およびその他の詳細については、マニュアルを再確認してください。 [14]
  • 製造元が事前に米を浸すことを推奨しているかどうか、および浸した米の設定を調整する必要があるかどうかを確認するには、指示を確認してください。 一部のメーカーは、玄米を最初に浸すことを推奨しています。 マニュアルに玄米の浸漬が記載されている場合は、指示に従って南インド風パーボイルドライスを浸漬します。
炊飯器を使う
炊飯器に水2、パーボイルドライス1、塩1つまみを加える。 容器に水を入れ、塩ひとつまみを入れ、ご飯をかき混ぜる。 [15]
  • 米1カップ(240 mL)と水2カップ(470 mL)を加えて4人前にします。 8サービングの測定値を2倍にするか、1⁄2カップ(120 mL)の米と1カップ(240 mL)の2サービングを組み合わせます。 お米2に対して水2の割合で固執するだけです。
  • マニュアルで別の水と米の比率が推奨されている場合は、測定値を調整してください。
炊飯器を使う
炊飯器の電源を入れます。 複数の設定があるモデルの場合、白米のオプションを選択します。 炊飯が終わると自動的に炊飯器の電源が切れます。 約15〜20分かかります。 [16]
  • 南インド風のパーボイルドライスは時間がかかるため、玄米の設定を選択してください。 約30分かかります。 一部のメーカーは玄米を調理する前に浸すことを提案しています。 その場合は、指示に従って南インド米を浸してください。
炊飯器を使う
ご飯を炊飯器で10〜15分休ませる。 ご飯を休ませる間は蓋をしておきます。 炊飯器の電源を切った後に米を休ませることで、もちやどろどろになるのを防ぎます。 [17]
  • 事前にご飯を作って炊飯器で保温することもできます。 多くの製品には「保温」設定があります。
炊飯器を使う
ご飯をふわふわして出してください。 フォークを使ってご飯をふわふわにし、蒸気を出します。 炊飯器からそのまま出すか、盛り合わせに移します。 [18]

白ご飯と玄米ごはん

白ご飯と玄米ごはん
水2と塩ひとつまみを沸騰させます 米1に対して水2の比率を使用します。 水と塩ひとつまみを鍋に入れ、中強火で沸騰させます。 [19]
  • 4人前の場合は、米1カップ(240 mL)と水2カップ(470 mL)を使用します。 お米が多かれ少なかれ必要な場合は測定値を調整し、水と米の比率を2にしてください。
白ご飯と玄米ごはん
水が沸騰し始めたら、標準の白または玄米を追加します。 ご飯を沸騰したお湯に加えて混ぜ、均一にまぜます。 次に中火に弱め、鍋を覆います。 [20]
白ご飯と玄米ごはん
白米を5〜10分炊きます。 レシピで白いご飯が必要な場合は、火を弱めて煮る 、またはまだ少しクランチがあります。 [21]
  • 白米の煮沸は、ナイジェリア料理や中東料理など、さまざまな料理で一般的に使用されている手法です。
白ご飯と玄米ごはん
玄米を20分間ゆでます。 玄米を炊くなら約20分でアルデンテになります。 このテクニックは、玄米をスープに追加する場合や、白米の代わりに使用する場合に役立ちます。 たとえば、アルボリオライスの代わりに玄米を使ってリゾットを作りたい場合は、まずそれをパーボイルする必要があります。 [22]
白ご飯と玄米ごはん
ご飯を火から下ろし、水気をきる。 ご飯がアルデンテになったら火から下ろします。 それはおそらくすべての水を吸収しなかったので、細かいふるいに注いで余分な水を排出します。 ご飯を鍋に戻すのではなく、水切り後はふるいに入れておきます。 [23]
白ご飯と玄米ごはん
冷たい水でご飯に衝撃を与え、調理プロセスを停止します。 余分な調理用水を排水した後、ふるい(ご飯と一緒に)を氷水のボウルに浸します。 米に衝撃を与えると、スープやシチューで炊き上げたご飯がどろどろになるのを防ぐのに役立ちます。 [24]
白ご飯と玄米ごはん
ご飯をレシピに入れます。 レシピに従って、または料理が完了する15分前にご飯を料理に追加します。 たとえば、スープを25分間煮る必要がある場合は、そのまま10分間炊き、ご飯を加えてから、15分間一緒に炊きます。 [25]
残ったごはんは、冷蔵庫の密閉容器に入れて最長3日、または冷凍して最長3ヶ月。 [26]
l-groop.com © 2020